引越し費用ナビ

引越し費用で必ず得するコツとは?

1つだけの業者に費用を見積もってもらうと、どうしても高くなります。

必須なのは複数の引越し業者の相見積りです。

以前は、複数業者を比較する場合、一件一件電話で問い合わせる必要がありましたが

最近は、ネットで簡単にできて便利です。

○主要な引越し費用一括見積もりサイト

→ズバット引越し比較(一括費用見積りサイト)

引越し費用が最大50%OFFになる定番サイト。
費用を抑えるなら必須です。

200社以上から引越し費用の見積りが可能。
最短1分で見積りできるのも魅力。




引越費用の大まかな計算

引越費用を安く上げるにはどうしたらよいでしょうか。

 

実は、引越費用の大まかな計算は以下です。
使うトラックの大きさと台数、運ぶ距離、作業員の人数です。
これに加えてオプションのサービス、例えばエアコン設置や梱包作業などが加わります。

 

また、当然、繁忙期は費用が高くなりますし、閑散期は安くなります。
曜日や時間帯によっても金額が変わります。

 

以上が基本ですが、業者によって費用にずいぶん開きがあります。
大手はやはり高いですが、それなりのクオリティと安心感があります。
でも、中小のでも安くてよい仕事をしてくれるところもあります。

 

とにかく、一度複数から見積りを取ることが大切です。
家財の量や大型家具の量、何階から何階までの引越か、エアコン設置の有無などについてこと細かに先方に伝えなければなりません。
ですから、電話で何軒もの業者に当たるのはとてもめんどうです。

 

そこで、便利なサービスとして、ネットでこれらの情報を送信して複数に費用を一括見積りを依頼するものがあります。
そのようなサービスを使って見積りをとると引越前の忙しい時間の節約になるでしょう。

 

なるべく早めに複数に見積りをとって日程に余裕を持てば、納得いく費用での引越が可能だと思います。

引越しもシーズンもの

夏休みや、紅葉・桜のシーズンは、普段よりも旅行代金が高くつくのと同じように、引越しもシーズンによって費用が増減します。
引越し費用が大幅にアップするのは、進学や新入者、転勤などで新生活を始める人が集中する、3月末から4月上旬にかけてです。
これは大手引越し業者も中小も同じ。
引越し業界にとって繁忙期でもあるこのシーズンは、土日は予約がいっぱいということがあり得るので、予定が決まっている人は早めに予約を済ませましょう。
逆に引越し業界の閑散期にあたる6月や10月〜2月にかけては、中小引越し業者などでは引越し費用を割り引いてくれるところもあります。
緊急に引越しする必要がないのなら、シーズンをずらすのも一計ですね。